妊娠線ができる場所

妊娠線といえばお腹周りや下腹にできるとイメージされる方が多いですが、実はお腹周り以外にもできやすい場所があります。
ここではお腹周り以外に気をつけておきたい「妊娠線ができやすい場所」をご紹介します。

妊娠線は妊娠して胎児が大きくなると共に張り出すお腹周りや下腹にできることが一般的です。
しかし妊娠期間中の妊婦の体重増加によって皮下脂肪が増えるのはお腹周りだけではありません。
お腹周りや下腹の次に妊娠線ができやすい場所が「太もも」です。
妊娠期間中の体重増加によって太ももの内側や裏側に妊娠線ができやすいですが、意外と知らない方が多くケアをしないことでさらにできやすくなってしまいます。
またお腹が出始めると太もも全体が見えにくくなり、妊娠線ができ始めていることに気付かずさらに悪化あせてしまう場合があります。

またお尻まわりも妊娠線ができやすい場所の一つです。
お知り周りも太もも同様に自分の目で確認しにくく、妊娠線ができ始めていることに気付かない方が多いです。
そのためお腹が出始めた頃から姿見など鏡を使って全身をチェックするように心掛けましょう。

さらに出産後に気を付けたいのが胸周りにできる妊娠線です。
赤ちゃんを母乳で育てる場合、乳房がパンパンに張ることで妊娠線ができやすくなります。
胸周りの妊娠線は妊娠期間中にもできやすいので、毎日鏡や自分の目で確認するようにしましょう。