妊娠線ができるしくみ

妊娠線とは妊娠期間中、お腹が目立ち始める頃から出産後にかけて、または授乳期間中の乳房が張る時期にできる肉割れ線のような赤や茶褐色をした傷のような線のことです。
妊娠線は一度できると改善が難しいとされていますが、しくみを理解してケアをすることで予防も改善も期待できます。
ここでは出産後もツルツルのお腹をキープするために知っておきたい妊娠線のしくみについてご紹介します。

人間の皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層で構成されており、表皮には伸縮性があります。
しかし真皮と皮下組織には伸縮性がないため、妊娠期間中の急激な体重増加に付いていけずに組織が引っ張られ、真皮層のコラーゲン繊維が避けることで妊娠線ができます。
妊娠線ができる原因は急激な体重増加だけでなく、皮膚の観桜や肌サイクルの乱れ、加齢による老化や栄養不足なども原因と考えられています。

妊娠線は真皮層のコラーゲン繊維が避けることで現れますが、これは皮下組織内部に出血が起きた状態であるため、妊娠線は赤色や茶褐色の幅2~3mm、長さ5cm程の線となって現れます。
出産後は白っぽくツルツルした線に変化しますが、出産後からケアを始めるとなかなか改善しにくいため、妊娠線に気付いたらすぐにケアを始めましょう。

また妊娠線は一般的にお腹周りにできるものとイメージされていますが、お腹周り以外にもできやすいため、事前に知っておくことで予防することができます。
この「妊娠線ができやすい場所」や「効果的なケア方法」については別頁に詳しく纏めましたので、ぜひそちらも併せてご覧下さい。